ポジティブシンキングを目指す越谷の日々徒然のおバカな日記


by nao_ya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ココで食うか!?

ダンナの仕事の都合で、GWの休みが少し前倒しになったので、4/27、28で伊香保温泉に一泊旅行に行ってきた。
旅行は、関越道を使って渋川伊香保ICから伊香保温泉へ。道中、家を出た時にセブンイレブンで購入した「エビかつパン」が胃にもたれ、昼食をすっとばしたため早く着きすぎ、伊香保を通り過ぎて榛名湖まで行き、景色を眺め峠を攻めたあと(おいおい)宿にチェックインした。名物の石段街を見たり温泉につかったりゆっくりと過ごした。
翌日、ゆっくり宿を出て、風穴や土産物屋などを見物しているうちに昼時になった。
「昼食何食べる?」
何せ前日はすっ飛ばしているものだから、何か名物食べたいねぇ、ということになった。
直前まで準備をしなかったせいで、事前調査は何もしていない。
私は車の助手席で、宿でもらった観光マップを凝視し、
「水沢うどん、ってこ辺の名物らしいよ」
「そうなの?じゃそれにしようか」
しかし、案内をし始めてしばらくすると、ダンナがいきなりこういった。
「あのねぇ、さっき道に『ソースカツ丼』って書いたのぼりがあったんだけど、ソースカツ丼食べたいなあ」
「えっ・・・??伊香保でソースカツ丼食べるの?名物って聞いたこと無いなあ(両毛地方にはあるらしいという知識あり)」
「・・・ダメ?」

私もダンナも、ソースカツ丼なる食べ物を食べたことが無かったため、またダンナが食事に関して自分から「○○食べたい」と積極的に言うのはかなり稀(「○○食べたくない」は積極的)な事象だったため、しばし考えた後
「よし、乗った!ソースカツ丼食べよう」
私たちは来た道を戻ってソースカツ丼ののぼりのあった店まで辿り着いた。

その店は、見た目はまんま「喫茶店かスナック」という風情であった。
そして「ソースカツ丼」ののぼりの横には「中華そば」ののぼりも風になびいていた。
「なんだか、不安にさせる風貌だなあ(半笑)」
「(運転中につき店構えまで見えていなかったため)・・・」
「そ~か、そ~か私はここでぇ、ソースカツ丼デビューするのかぁ(半笑)」
「・・・ふ、不安だ~!!」

意を決して店に入る。先客はいなかった。そして、店のテーブル席はやはり昔の喫茶店のように低い、臙脂色のソファであった・・・

結論、この店のソースカツ丼は予想に反し、非常にうまかった
本格派かどうかは判らない、何せデビュー戦だし。でも個人的にはうまかった。
しかし、意外にも、が大きく関係していると思うのでオススメは出来ないような気がする・・・。
[PR]
by nao_ya | 2005-05-04 14:18 | 日記