ポジティブシンキングを目指す越谷の日々徒然のおバカな日記


by nao_ya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 東日本大震災から一年が経った。


 被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。


 あの日のことは関東に居たわたしにも忘れなれない体験をした一日だった。その後も放射線の問題、計画停電や脱原発などの電力問題などこれまでとは全く違った一年でもあった。


 そんな中、最近ブログのレポート方式が変わったせいでわたしのどんな記事がアクセスされているかわかるようになった。それは2007年に書いた意外な記事だった。


 キーワードは「ちょい古地図」。地図好きなわたしがたまたま見つけた、全国の昭和40年台後半からの航空写真を見ることが出来るサイトだ。わたしのブログのタイトルが「越谷のへや りたーんず」なので、埼玉県越谷市とあわせて検索されているようだ。ご覧の通りこのブログと越谷市はほとんど関係ない。ちょうどインターネットを始めた頃たまたま客先が越谷市だったのでそう名乗っただけのことである。期待された方、どーもすみません。


 震災後、液状化や地盤の強弱などの判断材料のため、昔の航空写真が求められていると思われる。この記事を書いた時にはそのような目的での検索をされるなんて思っても見なかった。


 ただ、この記事で紹介した『国土情報ウェブマッピングシステム』の『カラー航空写真閲覧』は越谷市はもちろん、全国の40年近く前の航空写真を閲覧することが出来る。なので越谷市以外でも全国の地図を閲覧できる。例えば、液状化が激しかったと言われる千葉県浦安市は、埋め立て直後で建物がない状態など、なかなか興味深い航空写真を見ることが出来る。古い地図を見て地盤を判断する参考にしたい・・・そんな方の参考になれば・・・と国土情報ウェブマッピングシステムをもう一度紹介しようとこの記事を書いた次第である。参考になれば幸いである。
[PR]
# by nao_ya | 2012-03-12 07:39 | 日記

ひなまつり

 今日はひなまつりだ。娘の初節句になる。

 
 が・・・


 準備をすっかり失念し、2月中頃に実家の母から「何も言ってこないけど、ひなまつりはどうする予定なの?」と電話をもらってはっとした。ひな人形を用意しようと待っていたらしい。しかし慌てて用意するのもなんだし、来年にちゃんと選んで人形を用意することに決めた。そんな中、先日義母が「(ダンナの)おばあちゃんから譲り受けたもの」ということでこんなものを出してきてくれた。

b0034120_1431173.jpg



 土鈴のおひなさま、である。亡くなった、ダンナの父方のおばあちゃんから義母が譲り受けたのは、おばあちゃんの子供が男の子だけだったせいかもしれない。そういえば孫もダンナを含め男の子だけだった。そういう意味では久しぶりの出番である。


b0034120_14591692.jpg



 ダンナが桃の花と和菓子を買ってきた。花と土鈴のおひなさまを一緒に飾ると・・・それなりにひなまつりらしくなった。


 来年はちゃんと準備するからね。
[PR]
# by nao_ya | 2012-03-03 15:01 | 日記

我が家の大喜利

 この間ダンナと、出産前にHDDレコーダに撮り貯めた番組の中で「借りぐらしのアリエッティ」を見るか見ないか・・・と話をした。ダンナはわたしの入院中に一度見たのだが、わたしと一緒に見たいと言っている。映画は途切れ途切れだと面白みが薄れるので、もう少し先にまとまった時間が取れるようになるまでは無理かなあ、ということになった。なんだったらもっと待って娘と一緒に見ちゃおうか・・・。ずいぶん先だけど。

 そんな話をしていたあとに、話は全然変わってこんなことを話し始めた。



「『借りぐらしのアリエッティ』の後ろにどんな映画のタイトルを付け足したら面白くなるか。」


 我が家の笑いのネタとして、シリーズ化されて久しい映画が公開されると必ずこう話をする。例えば、以前『ロッキー・ザ・ファイナル』が公開されたときなどは


「次回作は『ロッキーはつらいよ』だろうね」


 これは、超ロングシリーズの「男はつらいよ」になぞらえ、またシリーズが長くなって主人公の役どころの年齢と演じる俳優の年齢がどんどんかけ離れていき、ガンバって演じているのも、見ているこちらも「ちょっとつらい」感じを表したものである。そんな感じでいろいろなものを付け足してみた。


借りぐらしのアリエッティと賢者の石
借りぐらしのアリエッティ・ロシアより愛をこめて
借りぐらしのアリエッティニューヨークへ行く
借りぐらしのアリエッティ怒りのアフガン
借りぐらしのアリエッティ帝国の逆襲

などなど・・・。

 もっといろいろ出たのだが、その中でも二人で爆笑してしまったのは・・・。


借りぐらしのアリエッティvsプレデター

だった。


 バカバカシイ夫婦デドウモスミマセン・・・。
[PR]
# by nao_ya | 2012-02-26 12:01 | 日記

嬉しい効果

 床屋に行けてない髪はぼさぼさで白髪だらけ、お肌はガサガサ、着ている者は「今の体型に合うもの、センスゼロ」と、人一人産んだあとの残りかすみたいな状態のわたしだが、ちょっとばかり嬉しいことがある。


 妊娠後期に高血糖ということで食餌指導を受け、「生まれてくる子供の為」2ヶ月間必死に食べ物に関しては注意してきた。そのせいで指導を受けてから一時的に体重が落ち、その後少しずつ増加したものの、臨月の時には妊娠前より5kg増という、産院の先生から言われていた目標の体重きっかりに抑えることが出来た。


 出産後は、入院中には制限食でなく普通食を食べ授乳に備えたが出産前のように血糖が上がることは無かった。退院後に血糖の検査をしたがこれも基準以下の血糖値だったため、「妊娠糖尿病で、妊娠していない今は全く問題なし」というお墨付きを頂き、一安心した次第である。


 2ヶ月間食餌指導が身に付いたのか、授乳中の食餌管理も辛くない。油物も欲しないし、生クリームなど油脂が多い洋菓子もほとんど食べていない。豚肉牛肉は食べるけど野菜多めの食生活のせいかおっぱいが詰まるなどのトラブルはない(ちょっと量が少なくて粉ミルクとの混合栄養だけど)。ただ、妊娠中と違うのはおなかが空くので炭水化物は多めに食べていること。


 それでも・・・


 体重はマイナス5kg、妊娠前の体重から、である。今もじわりじわりと減っている。出産後会う人に必ず「痩せた?」と言われる。クビ・肩周りが特にすっきりして(おっぱいは若干大きいわけでその対比もある)見えるようだ。


 これはちょっと嬉しいなあ・・・。


 もっとも、以前書いたが「体重増加は5kgまで」と言われていると言うことは、元々の体重がかなり多いということなので、5kgくらいじゃまだまだなんだけど。
[PR]
# by nao_ya | 2012-02-22 13:30 | 日記

すべてはお姫様のために

 顔がここしばらくの乾燥でガサガサになってしまった。娘のために加湿器を一日中使っているにもかかわらず・・・。手入れがおろそかになっていたようだ。ガサガサだけならガマンもするが、かゆみがひどくなってきた。何をしてもだめで、結局ダンナが居る時に娘を頼み、駅前の皮膚科に行って塗り薬を貰ってきた。授乳には問題ないという薬を貰ってきたが、塗った薬が何かの拍子で娘に付いてしまいそうで結構往生した。

 それが先々週の話。

 やっと乾燥がおさまってきたと思ったら、今度はまぶたが腫れだした。最初は右、時間を置いて左まで。どうやらものもらいのようだ。うちにあった抗菌目薬でしのいでいるが、眼科は近所に無いのでほぼ1年ぶりに自転車で出かけるか電車で行くしかない。自転車は多分自転車屋でメンテナンスをしないと動かないだろうし、そもそも今週は別の予定が入っている。眼科は来週まで様子見だ。


 体力も若干落ちているし、手を掛けないとすぐに体に跳ね返ってくるお年頃、ということを思い知らされる。


 自分のために使える時間は少ない。日常の時間のほぼすべては娘のために使っているといっても過言ではない。今の時期睡眠時間も少なくなっている。そんなわけで、なかなかほかの事に時間を回せない。出産前までのわたしに比べたら、ずいぶん1日の仕事量は増えている。それでも「時間が無い」とは思うものの何とかなっているのはひとえに自分のためではないことに尽きるんだろうなあ。

 すべてはお姫様のために・・・。
[PR]
# by nao_ya | 2012-02-18 08:45 | 日記

ぶんむくれの日々

 我が家に現在大変傷心というか、むくれて過すヤツがいる。
b0034120_12421037.jpg


 ある日突然、大声を出すやつがやってきたり、わたしやダンナが以前ほどかまってくれなくなったと、当初数日はすっかり元気がなくなってしまった。こちらとしてもなるべく時間を作ってかまってあげているつもりなのだが、いかんせん娘が出来る前ほどは時間をとってあげることが出来ない。

 が、数日経つと、「かまってくれ」と自己主張が激しくなり、むりやり膝の上に乗ったり、いつまでも足元を付いて回ったりするようになった。自分にはあまり記憶が無いのだけれどまさにこれは『弟や妹が出来た上の子の気持ち』ではないだろうか。

 ただ、そこは人間とネコの違い、大声で泣く娘がいることとかまってもらえないことがリンクしていないような気はする。そして、大声で泣かれることが本当に苦手なようで、娘の傍にはほとんど寄らない、寄っても本当に短時間ちょっと覗き込むだけだ。娘より、娘の乗っているバウンサーとか寝ているベッドとかのほうに興味津々なのである。
[PR]
# by nao_ya | 2012-02-05 14:32 | 日記

一人で外出

 今日、朝早くから、産後の経過を見る検査のため産院に行ってきた。ダンナに家にいてもらい、娘のことを見てもらった。結果は来月のわたしと娘の一ヶ月検診のときに判ることになっている。

 前日にダンナから


 「どうせ一人で出かけるのだから、すこし買い物やマッサージに行って気晴らしをしておいで」


 とありがたいお言葉をいただいた。確かに一人でしっかり外出するのは久しぶりだ。検査が終わり産院を出た後、ダンナに電話をし困ったことが起きていないか確認し、1時間ほど時間をもらうことにした。まず、前日夜九時から絶食絶飲だったので、すごく久しぶりにモスバーガーへ行きホットドッグと飲み物をとった。そのあとドラッグストアでダンナにはちょっと頼みにくい「母乳パッド」などを買い、駅まで行った。そして駅の中にあるマッサージ屋で15分マッサージをしてもらった。


 娘を抱いたりオムツ換えをしたりするせいで、腰と背中がバッキバキだった。特に肩甲骨の下辺りが「凝る」というより「痛い」感じだったので念入りにマッサージしてもらった。「もう少し時間を掛けられると良いんですけどねえ」と施術してくれた人に言われつつ、短い時間だったがちょっと楽になった。


 マッサージが終わるとちょうど昼時になったので、おこわ屋でわたしとダンナ、義母の分のお弁当を買ってちょうど一時間、久しぶりの外出を満喫した。家に帰るとちょうど授乳のタイミングでもあり玄関を開けると娘の泣き声がした。夕方までには授乳やオムツ換えで背中と肩は元通りバッキバキになってしまった。でも、ずいぶん気分転換になったことは事実だ。


 この先娘が大きくなるまで、今まで当たり前だった一人で外出する機会はますます減るのだろう。その分娘と楽しく外出が出来たらいいな。


 
[PR]
# by nao_ya | 2012-01-27 18:39 | 日記

娘がうちにやってきた

 1月7日、朝から今までに無いおなかの張りがあり、間隔が短くなった昼間で待って病院に行った。陣痛の感覚はすぐに短くなったが子宮口が開かない。「早くて明日未明、遅いとあさってまで掛かる」と先生には言われた。

 しかし、血圧が急上昇してしまい、「母親の脳内出血などが心配」ということで緊急に帝王切開手術が決まった。あれよあれよと準備が進み入院してからわずか4時間での出産となった。ダンナは当初出産には立ち会わない予定だったのだが、執刀する先生に勧められ、まさかの帝王切開手術に立会うことになった。そのダンナは手術の間わたしの手をずっと握っていてくれた。


 朦朧としているうちに、赤ん坊の泣き声がした。


 こうして、我が家に娘がやってきた。


b0034120_22171920.jpg



 周りの人は、「nao_ya似だ」と言う。
 「目隠し」「顔隠し」なしの最初で最後の写真になると思う・・・。
[PR]
# by nao_ya | 2012-01-19 20:35 | 日記

とりあえず近況

 先週の土曜日に、娘を出産した。


 正直、えらいことになってしまい、入院後4時間で緊急帝王切開での出産となった。


 すばやい手術の結果、昨日わたしも娘も無事退院することが出来た。


 今は、家族が一人増えた生活をまわすので精一杯。まずは近況まで・・・。
[PR]
# by nao_ya | 2012-01-15 00:34 | 日記

正月

 今年の正月は2日が出産予定日だったので、出産準備以外取り立てて何もしなかった。


 おせち料理も作らなかった。ただ、わたしたち夫婦はさておき同居の両親に正月をさせないわけには行かないので、近所のセブンイレブンでおせちを予約した。どこで予約しても良かったのだけど、万が一大晦日に産気づいちゃったりしたら、ダンナだっておせちを取りにいけない。義父の行動範囲で一番近かったのがセブンイレブンだった・・・という理由だ。わたしも食べたのだが、思ったよりずっとおいしかった。あとは大晦日に何の兆しも無かったので、雑煮の汁だけは作っておいた。それだけあれば、なんとか正月の形になった。



 大晦日の夜は、毎年ダンナが蕎麦を茹で、わたしが天ぷらを揚げるというのが常だったが、今年は買った天ぷらをお供にダンナの茹でた蕎麦を食べた。蕎麦を食べながら「ガキの使い」を見て年越しをした。


 三が日は「来るのか、来るのか」と思いながら駅伝と、録画してあったバラエティ番組三昧。1日に散歩がてら近所の大師様と神社に初詣に行ったのと、2日に「写真、撮るかもよ」と今更気が付いて電器屋の初売に出かけデジカメを衝動買いしに行ったくらいでずっと家にいた。


 結局三が日の間には何も無く「何も無かったなあ」と思いながら床に就いた。


 深夜、20~30分置きににおなかが痛くなったので「すわ!」と思ったが、2、3回でぴたっと止まってしまい、いつの間にか眠ってしまい気付いたら朝だった。


 今日、健診に行ったが、もうしばらくかかるそうだ。
[PR]
# by nao_ya | 2012-01-04 19:22 | 日記